経済・政治・国際

2006.06.30

GSTが6パーセントへ

GST(goods and services tax:連邦税)が7パーセントから6パーセントに下がるそうです。7月1日(明日!)開始です。一体これが一般市民の生活にどのくらい影響があるのか?それが政府の収入減にどの程度痛手があるのか?はてさて。


Helping Individuals and Families (Department of Finance Canadaのページ)

日本にいても政治のことって疎いけど、こっちにいるとさらに疎いなーと思います。ニュースくらいは見ているのですけれど。。

2006.05.13

2006年国勢調査

5年毎に国勢調査をやるみたいです。

用紙が送られてきたのがしばらく前。でもまだ出していないです。締め切りが5/16(火)なので明日出します。郵送かネットで回答、なんですがかなりシンプル。

・住所
・電話番号
・住んでいる人の
  名前
  生年月日
  既婚・未婚等の別
  コモンローパートナーと同居しているか?
  第一言語は何か?
を各人について書くだけ。
(農家の人はなんだか他に項目があったけど、関係ないのでパス)

日本の国勢調査って、こんなに簡単でしたっけ?


参考サイト
http://www19.statcan.ca/11/11_000_e.htm

http://www22.statcan.ca/ccr_r000_e.htm

2005.08.09

1945年8月6日と9日原爆投下

NHKの「週間こどもニュース」で、小学校の約半分で使われている6年生の社会科の教科書に「6日に広島、9日に長崎に原子爆弾が落とされ、一瞬にして数万人の人が亡くなりました」といった内容しか書いてない、と言われ、愕然。数万人って、言葉のニュアンスはどう考えても10万人未満。下手をすると2,3万人に聞こえます。ウソはついていないけど、数字を隠すことで被害のひどさを隠そうとしているように思えました。幸いインターンネットがあるので、その気になれば子供でも情報収集がしやすいけれど、そもそも興味を持つ機会がないことが問題だなぁ。。。

ということで、ひとこと書いてみます。(子供の読者の方はあまりいないかもしれないけど)

まず、データから。

<広島市(1945.8.6投下)>
広島 約35万人の市民や軍人
昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が死亡したと推計されています。
(データは広島市のホームページより)

<長崎市(1945.8.9投下)>
長崎の街は破壊され、当時の人口のおよそ3分の2が死傷しました。
約24万人
死者 73,884人
重軽傷者 74,909人
(データは長崎市のホームページより)

同じ「週間こどもニュース」でアンケートをとったら、小学生の半数が全然原爆があったことを知らない、何が起こったのか、どこに落ちたのかすら知らない。アンケートでほぼ半数が全く知らなかった。。。ショックです。(母数や具体的なパーセンテージの数字もメモしていないので、データがイイカゲンですみません)

火傷、下痢、吐血、ウジ(カラダにウジがわく!)、想像を絶する状態が多くの人に起こったと番組でインタビューされていました。それに続く差別、後遺症、遺伝への不安。。。これは60年たとうが、100年たとうが、忘れてはいけない事実です。

カナダの場合、8月6日はニュースで触れられていました。私はラジオで聞きましたが、決して「原爆によって戦争が終わった」というニュアンスではなく、原爆投下、死者数、という事実に基づいたものを淡々と流していました。中立的な立場を感じました。カナダは米国と同様に戦争中、日系移民に対しての強制収用も経験していますし、日本だけが悪かったという言い方はしていないのかも。

でも、先日、オタワの新しい戦争博物館を見に行ったら、ファシストのイタリア、ナチのドイツ、帝国主義の日本、と3つ並べて第二次世界大戦の敵国として書いてあり、なんだか微妙な気持ちになりました。日本にとっての大戦開始(真珠湾攻撃)の引き金は、南方資源(石油、ゴム)を確保する目的とされているわけですが、、、、。(うーん、当時の世界情勢についてもの申せる自信がないので、これ以上は書けません)

私個人としては、原爆投下の裏に必ず人種差別という要素があったような気がしてならないのです。北米で人種差別がない、というのは今日でさえ事実ではないのですから。

8月8日(月)晴れ時々くもり 最高気温32度 最低気温18度 (最高体感気温35度)

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

関係HPとココログ

海外でのPCお役立ち

無料ブログはココログ