« チューリップフェス1日目終了 | トップページ | チューリップフェス終了! »

2008.05.11

チューリップ ボール

日本館オープンし、忙しい金曜日と土曜日が終了。

金曜日はなぜか夜10時まで開けていろ、と主催者に言われていたけれど、他のパビリオンは8時9時で終わっているので、私達も9時頃から片付け開始。でもライトがもともと支給されて
いなくて(セキュリティ用のライトのみなので、部分的にパビリオン内が暗い)文句を言ったらクリスマスライトをくれたので、それを設置していたら10:30になってしまいましたとさ。家族イベントなんだから週末も8時終了で十分ですって~。

土曜日。天気がよくてお客さんも沢山いたけれど、主催者の都合で5時でおしまい。それからチューリップボールという、まぁチケットの高いパーティーに手伝いで呼ばれました。要は各国の食べ物(大体各国大使館提供)をサーブするのに、キモノの女性陣でやってください、ということ。これが終わって11:30頃会場を後に。

今年のパフォーマーはちょっと前まで日本のディズニー・シーでパフォーマンスをしていたという人たち。イメージ的にはシルクドソレイユみたいというか、足場の台がついた棒(これが演技中くるくる回る)とか大きな吊るされた輪につかまって、体操選手かサーカスのごとく演技をする、というもので、女性人の逞しい足が物語るように、もうものすごい筋力と集中力で、数分間の演技ですっかり魅了してくれました。だって、棒に手足の力だけで真横に体を支えたり。棒の演技は男女ペアなので、女性の体ををこれまた棒で自分の体を支えている男性が支えていた、というものすごいことが起っているのですが、口で説明しても伝わらないすごさ!!本当にびっくりしました。人間の体って、鍛えればココまでできるのか!?と。

これが見られただけでも、参加した意味がある!という代物でした。あとはバンドの演奏がまさしく「old school」的な選曲(70-80年代)で、食べ物を配った後は、なつかしのディスコ(死語)のように楽しく踊りました。ということで、去年のチューリップ・ボールは単にバンドが演奏しているだけで参加したオトク感がなかったのですが、今年はばっちりありました。

ショーが始まる前から、テーブルの中心から体を出しているお姉さんが入り口で迎えてくれたり(マネキンかと思いました。テーブルはスカートのように見えているわけで)、かなり仮面舞踏会チックな演出で、テント(キャバレー風と言うか、サーカス風と言うか)の内装ともマッチして、すごくゴージャスな感じでした。

ちなみに、提供したのは巻き厨子、信田巻き、焼き鳥で、およそ30-40分ほどですっかりなくなってしまいました。でも後から寿司が1桶残っているのを発見。腹ペコで棒の上で踊ったダンサーさん達(イベント前は食事しないのだとか)が「えー、寿司はもうないの?」と残念がっていたのを思い出し、席に座っていたのを見つけてあげに行ったらすごく喜んでくれました。日本に2週間くらい行っていたので、日本語で一生懸命お礼を言ってくれました。

これで、チューリップフェスで遅く帰るのも終了。
あとは平日5時、週末8時で閉まるので、帰宅時間が深夜になることはない予定。

あ、でも今日は終わった後に太鼓のコンサートに行くので、また帰りが遅いか。。。

« チューリップフェス1日目終了 | トップページ | チューリップフェス終了! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ ボール:

« チューリップフェス1日目終了 | トップページ | チューリップフェス終了! »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

関係HPとココログ

海外でのPCお役立ち

無料ブログはココログ