« お盆ですね | トップページ | double-double にご用心 »

2004.08.11

険しい紅茶?

HimHortonsでお昼を食べていると、新製品"Steeped Tea!"と書いてあり、steepというと「勾配が険しい(名詞、形容詞)」の意味しか知らなかったので、何のことかと思って辞書を引いたら、steepにはもう一つ「液体に浸っている、浸す(自動詞、他動詞)」「つけること、ひたること、浸す液(名詞)」の意味もありました。浸す、という意味のsoakよりややくだけた言葉のようです。

想像するに、葉がしっかり開いて、良く色や味や香りが出ている紅茶、ということでしょう。ホームページにも"loose tea leaves"(ティーバックでない、紅茶の葉)ってあったし。次に行ったときにはチャレンジしましょ!

8月10日晴れのち雨&雷(気温:最高+25度/最低+19度)
8月9日晴れ(気温:最高+29度/最低+14度)
8月8日曇り(気温:最高+21度/最低+14度)

« お盆ですね | トップページ | double-double にご用心 »

コメント

Tim Hortonsですか、懐かしいですね~。
全体的に値段が安いので足しげく利用したものです。
たっぷりとバターの塗られたトーストしたてのレーズンベーグルに、ブラックコーヒーが私の定番でした。約$2のTim Bitsは手土産に重宝しましたし(^^)
新製品の紅茶、気になりますね。ティーバッグではないというのが魅力的です。ぜひ感想をお聞かせください!

いまだに分からないのですが、コーヒーを注文するときに"double double"という人をよく見かけたのですが、あれはどういう意味なのでしょうか?

しょう太さん、コメントありがとうございます。(このネタでコメントつくと思ってませんでした、ウレシ!)

確かにあそこは全体的に値段が安いし、ドーナッツ(特にTim Bits)は手土産に重宝しますよね。私もベーグル&スープをお昼に食べたりして(それでもコーヒーついて4ドル以下!)、よくお世話になっております。

"double double"は、milk&sugar?に対する答えです。ミルクも、お砂糖も2パックづつ。(といっても、パッケージでくれるのではなく、むこうでカップに入れてくれますが)カナディアンらしい高カロリーな選択なのです。(ミルクとシュガーに順番は前後逆だったかも)

"double double"はそういう意味だったんですね!ありがとうございます。ナイスバディーなお姉さんも言ってますよね、これ。どうしてその体型を維持できるのでしょう、羨ましい!

私にとってはTim Hortonsはカナダの象徴ですから、飛びつきますよ!"Men with Brooms"というカナダ映画の中にもよく出てきますし。

しょう太さん

>ナイスバディーなお姉さんも言ってますよね、これ。どうしてその体型を維持できるのでしょう、羨ましい!

私の気のせいかもしれませんが、どーしても「ものすごく(絶対健康上問題あり!)太っているひと」が目に付くことが多いです、時々は美人でスタイルもよいという人もいますが。。。太っている人って医療関係にも案外いるのが不思議。制服のサイズ、バラエティに富んでるだろうなー。
(ちなみに日本で11号の自分は、カナダだとサイズ2か4。カナダ人のでデカさがわかる話でしょ?)

>"Men with Brooms"というカナダ映画

知りませんでした。カーリングの映画だそうで。機会があったら見てみたいです。(とはいえ、映画は聞き取れないところがまだまだあるので、筋がカンタンでないとつらいですが。この映画は大丈夫そうですね?)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 険しい紅茶?:

« お盆ですね | トップページ | double-double にご用心 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

関係HPとココログ

海外でのPCお役立ち

無料ブログはココログ