« 検索窓とトラックバック | トップページ | 音声認識カスタマーサービス(その2) »

2004.06.01

音声認識カスタマーサービス

31日晴れ(気温:最高+20度/最低+9度)
30日晴れ(気温:最高+20度/最低+11度)

電話の請求書について、Bell Canadaに問い合わせようと、請求書にある番号にかけてみました。

まず英語(1)かフランス語(2)かでメニューを選ぶのはいいとして、その後なんと音声認識を使っているようで、要領を得るのに時間を要しました。エリアコードを含めた電話番号を入れると、「ハーイ、自動サービス担当のエミリーです。ご希望のサービスをおっしゃってください。」といかにも録音したという声。「なにこれ?」と思っていたら、どうやら「Help」とか「Bill inquiry」(請求書の照会)などと言うと音声認識して、次のメニューに進めるというものらしい。なんだか不安。。。発音悪くても認識されるのかなぁ、これじゃ延々と説明で「...の場合はボタン1を押してください」と言われるほうがマシかも?と思いつつ、「請求書の照会」と言うと、次のサービスへ。結局良く分からなくて「サービス係りに回してもらう」という選択をしたものの、それが「ただいま込み合っておりますので、後ほどおかけ直しください。」と電話が切られてしまったのには腹が立ちました。待たされてもいいからつないで欲しかった。。(;_;)

« 検索窓とトラックバック | トップページ | 音声認識カスタマーサービス(その2) »

コメント

みん”さん
私もその、「はーい、エミリーです!」の音声認識タイプに戸惑いまくってしまった人の一人です。始めは、担当者の個人的な留守電に回されたのかと思ってみたり、ここでメッセージを残した所で掛けなおしてくれるのか?と疑ってみたり・・。
新手の方法なのかもしれませんが、仰るとおり、私も「○○の場合は1を、△△の場合は2を・・・」の方がよっぽど使いやすいかも・・なんて密かに思ってたんですよ^^。

ちなみに、私も「サービス係りに回します」と言われたっきり散々待たされ、しかも掛けた先がオタワ市内ではなかったため(確かあれはDHLのサービスセンター+トールフリーではない番号)、待たされた分だけの電話代請求書が翌月届いてビックリ仰天・・・って事が昔あったんですよ・・(クスン)。

また近いうちにお会いしましょうね^^。お喋り出来るの楽しみにしてまっす!

おぉ!Liebeさん、ご無沙汰してます。
ハッキリ言って、友人keyさんを以外の書き込みは初めてなのです!嬉しー。(^^)v

Bell Canadaだから、どうせ通話料はかからないだろうと、会社の自席からかけちゃったんですけどー。ありゃりゃ。請求来たら払うだけですが、どうなることか、ちと不安。かけた番号はエリアコードなしの市内局番だとは思うのですが。。。(市内通話なら無料だもんね、こっちは)

また近いうちにお会いしましょう!って予定入れないと会わないかも。ってことで、また食事にでも行きます?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音声認識カスタマーサービス:

« 検索窓とトラックバック | トップページ | 音声認識カスタマーサービス(その2) »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

関係HPとココログ

海外でのPCお役立ち

無料ブログはココログ